ざんろぐ | ゲームとガジェットのブログ

ゲームの日記や攻略・情報記事をメインに時々ガジェット話を勝手気ままに書いています。現在プレイ中のゲーム→ロマサガRSとポケモンGO。

MENU

スーパーリーグ用に強化して良かったポケモン集【ポケモンGO】

 

プレシーズン終了

f:id:ouzan2222:20200317201207j:plain

GOバトルリーグ プレシーズンが終わりました。

バトルリーグ開始前にyoutube等で対戦のいろはを予習していたので、まずまずの出だしだった…。のだが…良かったのは出だしだけ。

ランクが上がるにつれて、巷で言われる強ポケモンに当たりだすようになり戦績が芳しく無くなってきた。

対策をどうしようか考えた結果。砂も飴も手持ちポケモンが少ない僕が真っ向勝負しても玉砕するだけ。

GOバトルリーグ環境に合わせ、強いポケモンに対してメタれるポケモンを起用するようになりました。

今日はそんな育てて良かったポケモンを紹介したいと思います。

メガニウム

f:id:ouzan2222:20200317200445j:plain

まずは、メガニウム。

覚えている技は、

  • 技1:つるのむち
  • 技2:ハードプラント
  • 技2:じしん

このメガニウムは、ナマズン・ラグをメタるために起用。

ランク7に入ってまず苦しんだポケモンは、水・地面タイプが複合しているナマズン・ラグラージ辺り。この2体を初手に起用してくる事が多かった印象。

なので、あえてメガニウムを初手で起用して逆に対面で返り討ちにしていた。

つるのむちはエネルギーを溜めやすく、2ゲージで威力が高いハードプラントはとても強かった。

そして、サブウエポンのじしんはレジスチル等の鋼にも良く刺さった。

アローラキュウコン

f:id:ouzan2222:20200317200505j:plain

次は、アローラキュウコン。

覚えている技は、

  • 技1:あまえる
  • 技2:れいとうビーム
  • 技2:マジカルシャイン

このアローラキュウコンは、一時顔も見たくなかったチルタリスをメタる役割で育成。

最近でこそ対策が進み自由に動けなくなってきたが、プレシーズン当初はキュウコンに対してチルタリスで突っ張ってくる人も多かった。

耐久は無い。だが、技1のあまえるは多少のタイプ相性の悪さは気にならず相手をなぎ倒してくれる。

そして、時折でてくるブラッキーに対しても強い。

アローラガラガラ

f:id:ouzan2222:20200317200443j:plain

次は、アローラガラガラ

覚えている技は、

  • 技1:ほのおのうず
  • 技2:かえんぐるま
  • 技2:シャドーボール

このガラガラは、レジスチルを始めとする鋼タイプに対して育成。

技2をかえんぐるまにしている理由は、エアームドに対して技の通りをより良くするため。

シャドーボールはチャーレムに良く刺さり、被せに来たマリルリに対してHP半分くらい削ってくれる。

ナットレイ

f:id:ouzan2222:20200317200438j:plain

次は、ナットレイ。

覚えている技は、

  • 技1:タネマシンガン
  • 技2:パワーウィップ
  • 技2:かみなり

このナットレイは、メガニウムで受ける事ができないチルタリス・エアームドに対して育成したポケモン。

意表を突くかみなりは、チルタリス・エアームドを返り討ちにすることも。

ただ、思ったより耐久が高くなく、技1のタネマシンガンに癖がある。

メガニウム・フシギバナ・ウツボットなどと比べ上手く差別化されていると感じた。

ダイノーズ

f:id:ouzan2222:20200317200435j:plain

ラストは、ダイノーズ。

覚えている技は、

  • 技1:スパーク
  • 技2:いわなだれ
  • 技2:10まんボルト

このダイノーズは、チル・ムドーは勿論マリルリも受けられそうだったので起用。

ナットレイでもそうだが、電気タイプで関係無いポケモンが電気技を持っていると意表をつける。

エアームド・チルタリス・マリルリに対しても打点を持ち、耐久も申し分なく万能性を感じた。

ただ、格闘・地面が4倍弱点で気を付けて運用しないとすぐに落とされるので注意が必要。

 

以上。